こんにちは!
”でんたろ”です。

仕事上、どうしても関わらなきゃいけないけど、どうしても苦手な先輩っていますよね?
自分の中ではめちゃくちゃ苦手。でも、先輩はそれを理解してくれない…

後輩
仕事終わりに呑みに誘われるけど、それだけは絶対に嫌。
でも、断り続けるのは、仕事に影響がありそうで…
たまには呑みに行くしかないのかな。
でも、奢ってくれるならまだしも、5000円くらいを苦手な先輩のために使いたくないな。

そんな問題を解決するための方法をお伝えしたいと思います。

ズバリ、

昼ご飯を一緒にたべることです。

さて、その理由をお伝えしていきたいと思います。

苦手な先輩とは昼飯を食べに行こう

昼ごはんと呑みに行った時の比較

昼ご飯と呑みの比較をしてみました。

昼食 高くても2000円
1、2時間
二次会なし
それほど遠くまで移動できない
奢ってくれる可能性 大
呑み 最低3000円
2時間~4時間くらい
二次会あるかも
飲み屋街まで移動の可能性あり
奢ってくれる可能性 小

はい。どうでしょうか?
上の表を見てもらうだけでも、苦手な先輩と付き合っていくためには、昼ご飯のほうが都合がいいと理解してもらえると思います。
呑みに行くってことは貴重な話を聞ける一方で、飲酒することで酔ってしまいます。

先輩と昼飯に行くときの具体的な方法

  1. 呑みに行く時間がないことを伝える
  2. 昼ご飯ならいける旨を伝える
  3. 一緒に昼ご飯を食べましょう。と昼食に誘う
  4. 一緒に昼食にいく
  5. 楽しかったです。と軽くメール

呑みに行く時間がないことを伝える

業後、予定があって呑みに行く時間がないことを伝えるのがいいでしょう。
理由は何でもいいですが、僕は資格勉強や、既に予定があって行けないなど、ある程度分散させながら断りましょう。
また、呑み会が苦手など、呑み会を断るニュアンスを暗に提示しておくことも有効です。

昼ご飯ならいける旨を伝える

呑みには行けないけど、昼ご飯ならいける旨を伝えましょう。

一緒に昼ご飯を食べましょう。と昼食に誘う
出来れば、直接会っているとき、できなければ、メールで事前に一言誘いましょう。

一緒に昼食にいく

極力その先輩の苦手な食べ物を事前に聞いておき、行きたい店をいくつかピックアップしましょう。
そして、それを先輩に提示していく店を選びましょう。

奢ってくれる可能性もあるので、先輩と同じものか安いものを選びましょう。
呑みにいってつまらない話を永遠と聞くよりはこっちのほうが簡単でしょう。

楽しかったです。と軽くメール

一緒にご飯食べてくれてありがとうございます。と一言メールしましょう。
その場でお礼を伝えていても、ちゃんとメールするのがポイントです。
必ず休憩が終わってすぐにメールすることで、先輩からの評価は一気に上がります。

まとめ

どうでしょうか?
苦手だから邪険に扱ったり、極力かかわらないのではもったいないです。
先輩とうまく付き合っていくためには自分からうまく動くことが重要です。

だからこそ、あえて自分から昼ご飯に誘いましょう。
そして、楽しかったと自分から感謝のメールをすることで、
上手に苦手な先輩を篭絡しましょう。

それではみなさん
素敵な明日を

おすすめ記事